風俗求人の広告に書かれている日給

風俗求人に応募した1番の理由は「お金が足りないから」

風俗求人は日払いで便利

こんにちは、派遣OL兼デリヘル嬢の好美です。

今回は、派遣OLの給料について、書いてみようと思います。私が就いているのは、事務系の派遣OLなので、特に技術が必要だったり、コミュニケーション能力が必要だったりするわけではありません。なので、給料が高くありません。

時給制を取っている派遣仕事なので、月によって給料は少し変わってくるんですが、先月の給料は手取りで17万5000円でした。風俗の求人サイトを見ていても分かるように風俗の仕事の給料は歩合で、日払いです。

アパートの家賃は、6万5000円です。光熱費はざっくりですけど、水道代が2カ月で5000円くらいなので、1カ月だと2500円くらいの計算になります。電気代は1カ月7000円くらいで、ガス代は4000円くらい。これに携帯代が1万円くらいで、ケーブルテレビやネットのプロバイダー代が8000円くらい……という感じで、家賃と合わせると、10万円近くになります。

食費はお酒を少し飲むし、時々友達などと外食をするので、少し高いかもしれませんが、月に3万円くらいです。これで約13万円。給料から差し引くと残りは4万5000円で、他に洋服を買ったり、化粧品を買ったり、読書したり、いろいろいっぱいしたいことはあるんですが、なかなか思うようにはいきません。

やっぱり手取りで17万5000円というのは安いですよねえ。もっとも、派遣仕事の給料は、大体これくらいで、私だけが少ないわけではないですけど。ボーナスも出ないし…。更に、派遣仕事の場合、交通費が出ないことも多いんです。今の職場は、交通費が出るのですが、前に派遣で行っていたところは出ませんでした。その時は、幸い自転車で通える範囲のところに勤め先があったので、もし電車通勤が必要だったりしたら、もう破産するレベルですよね。

もちろん貯金なんてほとんどできませんでした。ちょっと貯まったかなというときに、友達の結婚式があったり、実家に帰ったり…。そんなんですぐ無くなっちゃいましたね。

つまり、はっきり言って生活に余裕が全然なかったんです。それがデリヘルで働く為の、風俗求人に応募した一番の理由です。結局はお金が欲しい!と、いうことですね。当たり前の話かもしれないですが。

風俗バイトして初めて貯金ができた!

デリヘルのバイトの求人に応募して、面接に受かって、実際に裏のお仕事を始めるまでわずか数日。働きはじめて1週間もすると、お金に余裕が出てきて、心にみるみる余裕が出てきたんです。

派遣OLだけで生きていくのは(そうやって生きていく人はたくさんいますけど)、私にはなかなか難しくて、デリヘル風俗のお仕事をしてよかったと思います。貯金ができるなんて、考えてもいなかったですし。

風俗のバイトをして、貯金もできて、生活がかなりラクになったのは事実です。今では語学力をつけようと、勉強する余裕もできました。週1回英会話の教室に通っています。月謝は1万2000円程度。こんなの風俗でバイトしてないとムリですよ。

英語が話せるようになると、派遣仕事でも時給の高い仕事に就ける可能性が高くなるので頑張ろうと思っています。これもまたお金の話になっちゃいますが、まさか、デリヘルの仕事をして、お金に余裕ができて、その上で勉強まで励めるなんて、風俗でバイトをはじめるまでは、考えることもできませんでした。

風俗求人広告の煽り文句はあながちウソじゃないかも?

たまに、求人サイトの求人広告の中に『あなたの夢が叶えられます!』みたいな謳い文句を見ることができますけど、これは、あながち嘘ではないと思います。現に私が実感していますし・・・。

まったく関係ありませんが、ついこの間、デリヘルの仕事で私とプレイをした20歳の男の子がいるんですが、彼は私とプレイした時は童貞だったんです。もちろんデリヘルは本番NGなので、エッチはしなかったんですが、連絡先交換して、プライベートで会って、童貞を奪っちゃいました。こういう経験もデリヘル求人に応募したからこそで、貴重だと思っています。

生活がラクじゃなくて、風俗の仕事に応募して、それが今では生活に余裕が出てきて、勉強まで始めて、20歳の男の子の童貞を奪うという経験もできて、なんだかおもしろい人生になってきました。デリヘルで働くことは全然つらくないですし、これからも両立していこうと思っています!